読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本読書

基本的に読書のこととか書く日記ブログです。

Book Talk Cafe 第1回(スゴ本オフ)簡易レポ&オススメされた本リスト

 有名書評サイト『わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる』の管理人であるダインさんと金巻ともこさん、それからyasuyukimaさんの三人の企画であるBook Talk Cafe 第1回に行ってきました。dankogaiさん、ダインさんをを始めとして有名な人ばかりということもあってかなりビクビクしておりましたが大変楽しかったです。すでにこっちでも(早い!!)shumaiさんによってまとめられています→Togetter - まとめ「SF本だらけのBook Talk Cafe 第1回(スゴ本オフ会)の様子。」ありがとうございます!

 今回は「みんなのオススメのSF本(あるいはマンガ、アニメ可)を持ち寄って5分間でプレゼンし、最後にブックシャッフルをする」という趣向で行われました。ちなみにわたしはコニー・ウィリスの『犬は勘定に入れません』を持って行き、帰る時には森脇真末味が著者の『アンダー』『天使の顔写真』『グリフィン』の三冊を手にしていました。楽しんで読みます。18人もいたのに1冊もかぶらなかったので、さすがだな! と思いました。ちなみに次回は『LOVE』をテーマにしてやるそうなので、もしお時間が合えば参加してみればいかがでしょうか。人数制限があるので行けるかどうかはわかりませんけれど! ここ参照→本好きが集まるオフ会スペース - booktalkcafe

 全体的にオススメされている本の印象としては、古いものが多い感じでした。「手に入れるのに苦労した」「ここで手放したらもう二度と手に入らないかもしれない(絶版しているので)」などと言っている方もいて、絶版の恐怖を知りました……。まあ前置きはそれぐらいにして、紹介された本をここにリストアップしていきます。一応それだけはしておきたかったので。恐らく取りこぼしがあると思われますが、ご勘弁を。以下がそのリストです。

1.ダインさん:ブログ(『わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる』)
 マルドゥック・スクランブル冲方丁

マルドゥック・スクランブル(1) (少年マガジンKC)

マルドゥック・スクランブル(1) (少年マガジンKC)

 おもいでエマノン /鶴田 謙二 (漫画)
おもいでエマノン (リュウコミックススペシャル)

おもいでエマノン (リュウコミックススペシャル)

 完全な真空/スタニスワフ・レム
完全な真空 (文学の冒険シリーズ)

完全な真空 (文学の冒険シリーズ)

 ちなみに「完全な真空」は書評集で、それも「存在しない本について」書かれた書評だそうです。大変おもしろそうで、ちょっと欲しかったです。

2.yasuyukimaさん
 ミレニアム/ジョン・ヴァーリイ

3.金巻ともこさん
 トリポッド

トリポッド 1 襲来 (ハヤカワ文庫 SF)

トリポッド 1 襲来 (ハヤカワ文庫 SF)

トリポッド〈2〉脱出 (ハヤカワ文庫SF)

トリポッド〈2〉脱出 (ハヤカワ文庫SF)

トリポッド 3 潜入 (ハヤカワSF)

トリポッド 3 潜入 (ハヤカワSF)

トリポッド 4凱歌 (ハヤカワ文庫 SF)

トリポッド 4凱歌 (ハヤカワ文庫 SF)

 西島大介さんの可愛らしい絵が表紙で、絶賛絶版中のようです。
 ちなみに金巻ともこさんはキングダムハーツなどのノベライズもされているとか。読んでみたくなりました。

4.ヒデキさん
 宇宙創成期ロボットの旅

 S-Fマガジン 1979.07号(家が火事になった時生き残った思い出の一冊だとか)

5.サトウさん
 闇の左手(アーシュラ・K・ル・グィン (著))

 ジェイン・オースティンの読書会(カレン・ジョイ ファウラー (著))
猫のパジャマ

猫のパジャマ

 猫のパジャマ(レイ・ブラッドベリ
ジェイン・オースティンの読書会

ジェイン・オースティンの読書会

 ちなみに猫のパジャマの本の装丁はサトウさん自身がなされたとか。カバーの上部に猫の耳になるような仕掛けがしてあって、大変素晴らしかったです。

6.黒バラさん
 気分はもう戦争(矢作 俊彦, 大友 克洋 )

気分はもう戦争 (アクション・コミックス)

気分はもう戦争 (アクション・コミックス)

 サルタン防衛隊(高寺 彰彦、大友 克洋)
サルタン防衛隊 (KCデラックス)

サルタン防衛隊 (KCデラックス)

7.清太郎さん
 フェルマータニコルソン・ベイカー

中二階 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

中二階 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

 中二階(ニコルソン・ベイカー
フェルマータ (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

フェルマータ (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

 岸本佐知子さんの訳が大変素晴らしい、というお話もされていました。

8.冬木糸一(わたしです)
 犬は勘定に入れませんコニー・ウィリス

 航路(コニー・ウィリス
航路 上 (ヴィレッジブックス F ウ 3-1)

航路 上 (ヴィレッジブックス F ウ 3-1)

航路 下 (ヴィレッジブックス F ウ 3-2)

航路 下 (ヴィレッジブックス F ウ 3-2)

 実は『航路』を一番に紹介したかったんですが、直前まで本屋とブックオフを探したにも関わらず見つからなかったんですよね。そのせいでプレゼンはグダグダでうまく説明できなかったんですが、熱意が伝わっていれば……。『航路』と『犬は勘定に入れません』はそれぞれ別の側面から「運命」を見ている、ということを伝えたかったのです。あとどちらも本当に傑作だという事を。

9.daen0_0さん(誰が得するんだこの書評)
 順列都市グレッグ・イーガン

順列都市〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

順列都市〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

順列都市〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

順列都市〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

 イーガンは小説家としては三流! と言い放ったdaenさんに「スゲェ度胸だ!」と隣でビビっていたのがわたしです。

10.dankogaiさん(404 Blog Not Found)
 アイの物語(山本弘

アイの物語 (角川文庫)

アイの物語 (角川文庫)

 現実よりも物語の方が素晴らしいじゃないか! 物語についての物語。読んだことありますが、本当に面白かったです。

11.yuripopさん
 グリフィン

グリフィン     ハヤカワ文庫 JA

グリフィン ハヤカワ文庫 JA

 天使の顔写真
天使の顔写真 (ハヤカワ文庫 JA)

天使の顔写真 (ハヤカワ文庫 JA)

 アンダー (三冊とも著者は森脇真末味
アンダー (ハヤカワ文庫 JA (680))

アンダー (ハヤカワ文庫 JA (680))

 ちなみにわたしがもらったのはこの三冊。マンガなのですが、絵がかっこいいです。

12.傳さん
 煙突の上にハイヒール(小川一水

煙突の上にハイヒール

煙突の上にハイヒール

 象られた力(飛浩隆
象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)

象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)

13.sako0321さん
 イルカの島(アーサー・C・クラーク)

イルカの島 (創元SF文庫)

イルカの島 (創元SF文庫)

14.にわかダンサーさん
 あたしの中の…(新井素子

あたしの中の… (コバルト文庫)

あたしの中の… (コバルト文庫)

 新井素子さんのお父さんの同級生が、星新一の同級生だったとか。奇妙な縁。

15.n_kanezukaさん
 幼年期の終わり(アーサー・C・クラーク)

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)

16.ogijunさん
 家族八景筒井康隆

家族八景 (新潮文庫)

家族八景 (新潮文庫)

17.shumaiさん
 黄泉がえり梶尾真治

黄泉がえり (新潮文庫)

黄泉がえり (新潮文庫)

 クロノス・ジョウンターの伝説梶尾真治
クロノス・ジョウンターの伝説 (ソノラマ文庫)

クロノス・ジョウンターの伝説 (ソノラマ文庫)

 終わりです。最後に、とても楽しい場を作り上げてくださったみなさんに感謝を。わたしみたいな若造に親切な丁寧をしてもらい、大変感激しました。本当にありがとうございました!