読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本読書

基本的に読書のこととか書く日記ブログです。

読書会@大阪 8月3日(日)課題本:『SFマガジン700【海外篇】』のお知らせ

冬木糸一と申します。時々読書会を開いております。
下記に内容を告知していますので興味がある人はご一読ください。

日時:8月3日(日) 16:00〜18:00
場所;大阪付近(連絡いただいて人数の目星などがついたら場所を考えて連携致します)

課題本:SFマガジン700【海外篇】

SFマガジン700【海外篇】 (ハヤカワ文庫SF)

SFマガジン700【海外篇】 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: アーサー・C・クラーク,ロバート・シェクリイ,ジョージ・R・R・マーティン,ラリイ・ニーヴン,ブルース・スターリング,ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア,イアン・マクドナルド,グレッグ・イーガン,アーシュラ・K・ル・グィン,コニー・ウィリス,パオロ・バチガルピ,テッド・チャン,山岸真,小隅黎,中村融,酒井昭伸,小川隆,伊藤典夫,古沢嘉通,小尾芙佐,大森望,中原尚哉
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/05/23
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログ (17件) を見る
やること:みんなで『SFマガジン700【海外篇】』を読んできて、楽しく語る。基本的に短編を一つずつ、あーでもないこーでもないと一人ずつ感想を言い合っていく形式になります。その際に点数を10点満点でつけていき、最終的に全員がつけた合計点数が一番高かった物については特に名誉のない誰得賞が贈られます。


参加締切:6名参加受付した時点でいったん募集を締め切ります。※打ち切りました。


連絡先:ついったー⇒http://twitter.com/huyukiitoichi
もしくはめーる⇒huyukiitoichi@gmail.com まで。


参加したい場合は参加したい旨を。
ご質問がある場合はご質問を投げかけてください。

本の交換会

前回の読書会告知より引用⇒読書会@渋谷付近 7月12日(土)課題本:さよならの儀式 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)のお知らせ - 基本読書

ついでに各自がオススメの本を1冊持参してきて、それをランダムで交換しあうという読書家垂涎のイベントもやります。あなたの魂がこもった1冊、誰かに託してみませんか。僕の本棚からもエース級が放流される予定です。本のジャンルは不問。なんでもけっこうです。SF以外でも、マンガでも、実用書でも。

備考

雰囲気がわからなく恐ろしいかと思いますが毎度毎度2人だったり3人だったりと
微妙に寂しいのできていただけるとこちらも楽しい上に「出来上がった人間関係」も
存在しませんのでお気楽にきていただければと思います。

昼に集まってちゃちゃっと数時間読書会して基本二次会とかなく
ぱぱーっと解散する感じがほとんどです。
読書会だけが目的の非常にドライな関係です。


簡単にどんな感じなのか書いてみます。

■集まります。
適当に集合場所を決めて集まります。大抵は「はじめまして、◯◯といいます」と簡単に自己紹介します。みなさん初対面です。

■移動します
貸し会議室やカフェなど、その時の人数によって都度都度ですが移動します。
ぞろぞろ。

■読書会です
ちゃんと自己紹介しあったあとは読書会スタートです。短篇集なので一人一人作品への感想をいって、点数をつけていきます。疑問を出したり物議をかもしそうな話題があればあーでもないこーでもないとみんなで議論します。言い終わったら次の人へ。ぶっちゃけ何の感想も思い浮かばなかったり、何一つ思うところがなかったら「何一つ思うところがなかった。」といって次に流しましょう。

■集計です
誰かが点数を集計しているはずなので最終的に得票数が一番多かったものが読書会賞を獲得します。
ネットではダメな作品を酷評すると悲惨な目にあうことが多いですがだべっているだけなら問題ありません。素晴らしいですね。

■本の交換会
先ほど説明した本の交換会があります。オススメするときにオススメの理由が添えられているとよい感じです。みんなで適当にシャッフルして終わりです。読書会が終わり、本の交換会も終わったらそれではGood Bye といってみな消えていきます。

こんなかんじです。読書会はあなたのご参加をお待ちしております。