読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本読書

基本的に読書のこととか書く日記ブログです。

SF BOOK SCOPE第二号「ロボットとの擬似家族小説にして痛快娯楽活劇——マデリン・アシュビー『vN』」掲載しました

お仕事告知

ロボットとの擬似家族小説にして痛快娯楽活劇ーーマデリン・アシュビー『vN』|SF BOOK SCOPE|冬木糸一|cakes(ケイクス)

現在無料掲載中です。経緯とかシステムはこちら⇒SFマガジンcakes版で「SF BOOK SCOPE」連載開始しました - 基本読書  なんだろう。宣伝とかどうしたらいいのかよくわかんないですね。いちおうTwitterには流していますけどブログしか見ていない人もいるでしょうし、とりあえず方向性を探っているあいだは告知させてください。それでは、といって去っていくのもあれなのでなんか書きますか。雑記的な。

1発だけなら誤射かもしれないと偉い人はいいましたがこうして2発目が発射されると「ああ、本当に連載している」と実感しますね。僕の記事は毎回載るのかどうかよくわからないところではありますけれども、とにかくSFマガジンcakesはいろいろと載せるものも揃いはじめて方向性が見えてきましたね。大森さんの連載もそうだし、塩澤さんの日記はちょこまか裏で動いている事情が浮かび上がってきて面白いし、SFマガジン過去記事の再録とこれまた嬉しいものがぽつぽつと。

Webであるということは当然ながら紙であることとは違うことですから、塩澤さんと一度打ち合わせさせていただいた時に「何かこういうのが読みたいとかありますか」と聞かれて、「紙はやはり誌面が限られいて、情報が凝縮されていますから逆をいったゆるいものが読みたいですね、エッセイとか、だらだらとした読書日記みたいな」とお話しましたけども。その一方ちゃんと凝縮されたものを載せても何の問題もないわけで、まだまだ第二回で方向性も何もないわけだけれどもいろいろと遊びがいのあるフィールドだなと思います。手探り感が楽しい。

さて、vNは実は一回このブログに書いた記事になります。一回書いたのに違う感じで書けるのかと思ったんですけど(数年単位で時間が空いてやったことはあるけど)わりと出来た。読み比べしてみると本気verと書き散らしているverがわかって面白いと思いますが時間の無駄ですね。まあこれはもう記事を書いた後にcakesでの話が来て、書いたものなのでブログに書いてcakesには違うverを載せるみたいなことは今後はあんまりないでしょう。ないはずだ。

あまり関係ないですが、動画サイトで公開するような、レビュー動画を作ってみようと思っているところです。ちまたで流行りのボイスロイドを使ったドラマ調レビューみたいな感じで。二人だかのキャラクタが読書会みたいな感じでだらだらと本の話をするようなイメージで今のところ考えていますが、それをsf新刊レビューと絡めて展開できたら面白そうだなと。うーん。2月中にいくつか形にできるといいんだけど。絵や動画編集で支援できるという人は連絡いただけると、めちゃくちゃ嬉しいです。そういうスキルが皆無なもので。自分で一からやるのも楽しいんだけど、ちょっと時間がな。その他御用、依頼などメールにいただければ⇒huyukiitoichi@gmail.com