基本読書

基本的に読書のこととか書く日記ブログです。

親友を殺した実在の殺し屋を描き出す、Netflix映画原作──『アイリッシュマン』

アイリッシュマン(下) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)作者: チャールズブラント,高橋知子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2019/11/06メディア: 文庫この商品を含むブログを見るこの『アイリッシュマン』は、全米トラック運転組合の重鎮、ジミー・ホッフ…

生態系を救うため、様々な過去を持つアウトサイダーらが結集する、パワーズ最新作──『オーバーストーリー』

オーバーストーリー作者: リチャードパワーズ,Richard Powers,木原善彦出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2019/10/30メディア: 単行本この商品を含むブログを見るこの『オーバーストーリー』はリチャード・パワーズの新刊である。『舞踏会へ向かう三人の農夫』…

整理をしないという整理──『アンチ整理術』

アンチ整理術作者: 森博嗣出版社/メーカー: 日本実業出版社発売日: 2019/11/08メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る森博嗣氏の新刊である。今回のテーマは「整理術」──というが、長年森氏の日記を読んでいる人からすれば当然わかるよ…

ジャレド・ダイアモンドが導き出す、国家はどのように危機を乗り越え、今どのような危機の中にいるのか?──『危機と人類』

危機と人類(上)作者: ジャレド・ダイアモンド,小川敏子,川上純子出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2019/10/26メディア: 単行本この商品を含むブログを見る危機と人類(下)作者: ジャレド・ダイアモンド,小川敏子,川上純子出版社/メーカー: 日本経…

人生を作品のつながりを浮き彫りにする、大作伝記──『ミヤザキワールド ─宮崎駿の闇と光』

ミヤザキワールド ─宮崎駿の闇と光─作者: スーザンネイピア出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2019/11/06メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るアニメーションと日本文化の研究者スーザン・ネイピアが真正面から宮崎駿を捉えて書いた伝記である。宮…

日本で行われた大量無差別殺人事件、他者を犠牲に生き延びた少女は「悪」なのか──『スワン』

スワン作者: 呉勝浩出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2019/10/31メディア: 単行本この商品を含むブログを見る異常な傑作『雛口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール』で呉勝浩の名を衝撃と共に知った僕だが(それがどのような衝撃だったかは前書いた記…

天体物理学と宇宙戦争について──『宇宙の地政学:科学者・軍事・武器ビジネス』

宇宙の地政学:科学者・軍事・武器ビジネス 上作者: ニール・ドグラース・タイソン,北川蒼,國方賢出版社/メーカー: 原書房発売日: 2019/10/25メディア: 単行本この商品を含むブログを見る宇宙の地政学:科学者・軍事・武器ビジネス 下作者: ニール・ドグラー…

特殊な能力者たちが運営する世代宇宙船《ノア》で起こった、〈ひき肉〉殺人事件を解き明かすディストピア・宇宙SF──『果てなき護り』

SF

果てなき護り 上 (創元SF文庫)作者: デイヴィッド・ラミレス,中村仁美出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2019/10/24メディア: 文庫この商品を含むブログを見る果てなき護り 下 (創元SF文庫)作者: デイヴィッド・ラミレス,中村仁美出版社/メーカー: 東京…

ヴァーチャルの比重が増し、リアルが縮小した世界──『神はいつ問われるのか? When Will God be Questioned?』

SF

神はいつ問われるのか? When Will God be Questioned? (講談社タイガ)作者: 森博嗣出版社/メーカー: 講談社発売日: 2019/10/23メディア: 文庫この商品を含むブログを見る講談社タイガで刊行中の、森博嗣によるWWシリーズの、『それでもデミアンは一人なの…

汚職についての詳細なメカニズムを解き明かしていく一冊──『コラプション:なぜ汚職は起こるのか』

いったいなぜ汚職が起こるのか、と言われても、それが発生する人間心理についてはそう不可思議な点はない。乱用できる権力があり、さらにそれを振りかざすことで利益が手に入るのであれば、そうすることもあるだろう、と容易く想像できてしまう。「やるだろ…

『ギルガメシュ叙事詩』から『叛逆航路』まで、神話、SF、幻想、ファンタジィ中心の最高のブックガイド!──『世界物語大事典』

世界物語大事典作者: ローラミラー,巽孝之,Laura Miller,越前敏弥出版社/メーカー: 三省堂発売日: 2019/10/11メディア: 単行本この商品を含むブログを見るこの『世界物語大事典』はすごい本だ! この世界には様々な本が存在するが、その中でも「僅かなりとも…

能力者たちが跳梁跋扈するアジア都市を舞台にした、世界幻想文学大賞受賞のSFマフィア物──『翡翠城市』

SF

翡翠城市(ひすいじょうし) (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5045)作者: フォンダリー,大谷真弓出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2019/10/17メディア: 新書この商品を含むブログを見るこの『翡翠城市』は、少ない作品数ながらも軒並み評価の高いフォンダ・リーに…