基本読書

基本的に読書のこととか書く日記ブログです。

日本合衆国の軍パイロットとして、メカを駆ってナチスをぶっ飛ばす!──『メカ・サムライ・エンパイア』

SF

メカ・サムライ・エンパイア 上 (ハヤカワ文庫SF)作者: ピーター・トライアス,John Liberto,中原尚哉出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2018/04/18メディア: 文庫この商品を含むブログを見るメカ・サムライ・エンパイア 下 (ハヤカワ文庫SF)作者: ピーター・…

現代の考古学を古代に書かれたものと組み合わせる──『先史学者プラトン 紀元前一万年―五千年の神話と考古学』

先史学者プラトン 紀元前一万年―五千年の神話と考古学作者: メアリー・セットガスト,山本貴光,吉川浩満出版社/メーカー: 朝日出版社発売日: 2018/04/08メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る書名からだけではよくわからない本…

いまさらだけど『ヒナまつり』を読んだらおもしろすぎたのでめっちゃ褒める

ヒナまつり 1 (HARTA COMIX)作者: 大武政夫出版社/メーカー: KADOKAWA / エンターブレイン発売日: 2013/08/01メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る『ヒナまつり』。10年近く前から存在する作品だし、「いまさら読んだのかよ」感が半端ないのだけれ…

自分が何を知らないのかを知ることの重要性『知ってるつもり――無知の科学』

「何かを知っている」と言い切るのは、言葉の定義にもよるだろうが、なかなか難しい話だ。たとえば僕は電子レンジがマイクロ波を照射して水分子を振動させることで温度を上げる機械であることを知っているが、そのより詳しいメカニズムはよく知らないし、ま…

辺境作家と歴史家の「ここではない何処か」を追求する読書会──『辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦』

辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦作者: 高野秀行,清水克行出版社/メーカー: 集英社インターナショナル発売日: 2018/04/05メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る『世界の辺境とハードボイルド室町時代』で自由に…

本は自分で選ぶべし──『読書の価値』

読書の価値 (NHK出版新書 547)作者: 森博嗣出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2018/04/06メディア: 新書この商品を含むブログを見る森博嗣さんによる読書についてのテーマ・エッセイ本である。これまでも森博嗣さんはエッセイや日記の中でも繰り返し、あるい…

宇宙に行くならまずこれを読んでからにするべし──『太陽系観光旅行読本:おすすめスポット&知っておきたいサイエンス』

太陽系観光旅行読本:おすすめスポット&知っておきたいサイエンス作者: オリヴィア・コスキー,ジェイナ・グルセヴィッチ,露久保由美子出版社/メーカー: 原書房発売日: 2018/02/27メディア: 単行本この商品を含むブログを見る最近の人類は当たり前のように未来…

転生したら人工知能にさせられ、有無を言わせず居住可能惑星探査に送り出された件──『われらはレギオン1 AI探査機集合体』

SF

われらはレギオン1 AI探査機集合体 (ハヤカワ文庫SF)作者: デニス・E・テイラー,EVILVIT,金子浩出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2018/04/04メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見るSF大会に欠かさず参加し誰かれ構わずSFネタを喋り散らすクソ…

ループで人狼ゲームを打破せよ──『レイジングループ』

レイジングループ 【同梱特典】特製ステッカー 同梱 - PS4出版社/メーカー: ケムコ発売日: 2018/01/25メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (1件) を見る『レイジングループ』とは人狼を題材にとったホラーノベルゲームである。友人に強めにオススメさ…

異質な存在だからこそ役に立つ─『植物は〈未来〉を知っている―9つの能力から芽生えるテクノロジー革命』

植物は〈未来〉を知っている―9つの能力から芽生えるテクノロジー革命作者: ステファノ・マンクーゾ,久保耕司出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2018/03/24メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る書名をみたとき「ひょっとして水にありがとうと話…

現実と仮想のフレームを揺さぶり続ける抜群に良質なSF恋愛短編集──『プラネタリウムの外側』

SF

プラネタリウムの外側 (ハヤカワ文庫JA)作者: 早瀬耕出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2018/03/20メディア: 文庫この商品を含むブログを見る『未必のマクベス』が文庫になってからヒットを飛ばした早瀬耕さんの、SFマガジンに断続的に載っていた連作短篇…

経済成長に頼らない形での繁栄を目指して──『ドーナツ経済学が世界を救う』

ドーナツ経済学が世界を救う: 人類と地球のためのパラダイムシフト作者: ケイトラワース,Kate Raworth,黒輪篤嗣出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2018/02/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る今の社会は基本的に経済成長する、経済成…