基本読書

基本的に読書のこととか書く日記ブログです。

《ウィッチャー》シリーズはゲームだけじゃなく原作小説もおもしろいぞ!

ウィッチャーI エルフの血脈 (ハヤカワ文庫FT)作者: アンドレイ・サプコフスキ,川野靖子,天沼春樹出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2017/08/24メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る《ウィッチャー》といえばその存在をゲームで知った人も多いだ…

もしもヴァンパイアが大英帝国を統治したら──『ドラキュラ紀元一八八八』

ドラキュラ紀元一八八八作者: キム・ニューマン,鍛治靖子出版社/メーカー: 書苑新社発売日: 2018/05/11メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見るキム・ニューマン『ドラキュラ紀元一八八八』は東京創元社の『ドラキュラ紀元』の増…

初心者向けのオススメSF記事を書きました&補足アフタートーク

今日「それどこ」に初心者向けのSFについて寄稿したので、こちらではその補足というかアフタートークでも。そもそも「初心者向けのSF」ってなんやねんという話でもしながら、取り上げられなかった/取り上げたかった本の話でもしようかと。 srdk.rakuten…

十年単位でじわじわと広まり、浸透していくような感動が──『ψの悲劇 The Tragedy of ψ』

ψの悲劇 The Tragedy of ψ (講談社ノベルス)作者: 森博嗣出版社/メーカー: 講談社発売日: 2018/05/09メディア: 新書この商品を含むブログを見るGシリーズ第11作目。はじまったのが2004年だから、もう14年目になる。途中で長い作中での時間・関係性の流れを表…

ワクチンに恐怖を感じる心理──『反ワクチン運動の真実: 死に至る選択』

反ワクチン運動の真実: 死に至る選択作者: ポールオフィット,ナカイサヤカ出版社/メーカー: 地人書館発売日: 2018/05/14メディア: 単行本この商品を含むブログを見る最近、麻疹が流行っている。日本では一度ほぼ根絶状態まで持っていった麻疹だが、他国では…

どのような作業環境で記事を書いているのか。

どのような環境で記事を書いているのか。どのような机で、エディタで、小物を使っているのか。まえ、村上春樹さんが「村上さんのところ」で自身の机を公開していたが、あれを見てから他人の作業環境が気になるようになった。人類はどんな机を構築しているの…

生きて壁を超えるために──『フリーランス、40歳の壁――自由業者は、どうして40歳から仕事が減るのか?』

フリーランス、40歳の壁――自由業者は、どうして40歳から仕事が減るのか?作者: 竹熊健太郎出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2018/04/19メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見るオンライン漫画誌『電脳マヴォ』の発起人竹熊健太郎…

ビデオゲームとしての人生──『手を伸ばせ、そしてコマンドを入力しろ』

IGN Japanのエッセイ『電遊奇譚』の藤田祥平さんによる、デビュー長篇である。5歳の頃、幼き藤田少年がポケモンをプレイする場面からはじまる、ゲームと人生についての本なのだが、帯に自伝的青春小説とあるように書かれている内容の多くは実体験に基づくも…

けものフレンズのプロデューサーが語る、アニメビジネスの金の流れ──『アニメプロデューサーになろう! アニメ「製作(ビジネス)」の仕組み』

アニメプロデューサーになろう! アニメ「製作(ビジネス)」の仕組み (星海社新書)作者: 福原慶匡出版社/メーカー: 講談社発売日: 2018/03/25メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る福原慶匡さんは、今では『けものフレンズ』の制作会社ヤオヨロズの…

うつに殺されないために──『#生きていく理由 うつヌケの道を、見つけよう』

#生きていく理由 うつヌケの道を、見つけよう作者: マットヘイグ,那波かおり出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2018/04/18メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る本書『#生きていく理由 うつヌケの道を、見つけよう』は、小説『今日か…

女子刑務所の日常──『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 女子刑務所での13ヵ月』

オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 女子刑務所での13ヵ月作者: パイパー・カーマン,村井理子,安達眞弓出版社/メーカー: 駒草出版発売日: 2018/04/25メディア: 単行本この商品を含むブログを見る有名大学を出たインテリ女性が麻薬密輸に関わった罪で起訴・投…

世界はぐんぐん良くなっている──『進歩: 人類の未来が明るい10の理由』

進歩: 人類の未来が明るい10の理由作者: ヨハンノルベリ,Johan Norberg,山形浩生出版社/メーカー: 晶文社発売日: 2018/04/24メディア: 単行本この商品を含むブログを見る「10の理由」とか、やけにアッパーな書名が全体的に怪しいものの、訳者が山形浩生さん…